ネット特許事務所

※東京・北九州に所在する「早原特許技術事務所」によって運営されております。

Think & Works - 知的財産は議論の中でしか、その純度を高められない

知的財産サービスの現状

自社事業や競合他社の実状に基づいて、知的財産について議論されていますか?

特許事務所は、その企業様のご依頼どおりに知的財産サービスを提供します。一方で、社内で知的財産が議論になった場合、企業様としては、「弁理士にどのように何を依頼して相談すればいいのか?」と思われるかもしれません。知的財産権は、企業様の自社事業や競合他社の実状に基づいて検討する必要があります。即ち、ご依頼内容が本当に適切か否かから、議論する必要があります。

直ぐに相談できる弁理士が身近にいますか?

知的財産が重要と認識されていても、社内だけの議論で、権利化可能な発明や商標を検討することは極めて難しく思います。また、各専門分野の弁理士が、身近で気軽に相談に対応してくれる企業様も、極めて少ないと思います。一方で、弁理士も、その企業様のご相談に常に対応している中でしか、その企業様に適したアドバイスを提案することできません。

何故、地方の上場企業様ほど、知的財産権の利用が少ないのでしょうか?

弊所は、全国の上場企業様の特許出願傾向を長く分析しておりました。その中で、同じ事業内容で同程度の企業規模であっても、以下のような傾向があることに気付きました。

これは、地方に対する特許事務所の所在数と比例しているように感じます。また、知的財産の専門分野に応じた弁理士に相談できないのが、1つの理由ではでないか?と考えました。

【ネット特許事務所】とは

ネット特許事務所は、各専門分野のネット弁理士が所属する特許事務所を、インターネットから提供するものとお考えください。

例えば一般的な法律相談では、掲示板やメールのようなテキストベースで、質問・回答をやりとりすることができます。しかしながら、知的財産権に基づく相談は、守秘義務内容が極めて多く含まれるために、掲示板では質問・回答をやりとりすることはできません。また、テキストベースであっても、クリティカルな質問に対する回答には、その慎重度合いをお伝えすることが非常に困難となります。

そこで、ネット特許事務所では、ビデオ通話を基本としております。ネット弁理士の顔が見えることによって、企業のご担当者の方にも信頼感を持っていただけるものと考えております。是非、ビデオ通話の中で、社内におけるプロジェクトや主力製品、開発製品の技術仕様書、競合他社等の状況をご説明ください。どのような業種の企業様であっても、様々な観点に基づく「知的財産」は必ず埋まっており、【知的財産に関する新たな気付き(Awareness)】があると思います。

まずは、企業様に知的財産的なAwareness(気づき)を提供することを目的としております。弊所のネット相談の特徴は、企業様のご質問に対する法的な回答に留まらないようにしております。

尚、基本的に、特許等業務の全てのサービスを、ネットワークを介したコミュニケーションのみで提供させていただきます。

ネット特許相談の流れ

企業様

トップページの入力フォームから、貴社名及びご担当者名(メールアドレス)に加えて、ネット特許相談の希望日時と、相談内容とを簡単にご記入の上、送信してください。勿論、ネット相談毎に、お客様自ら、各専門分野に応じた弁理士を選択することもできます。
また、説明用にファイルを予め送信したい場合、その旨を、ご連絡ください。

尚、ネット特許相談は、Skype、WebRTCに限られず、Googleのハングアウト、facebook、AppleのFacetimeも全て対応致します。Skype以外のご希望のビデオ通話アプリケーションをご希望の場合、予めご連絡ください。

ネット特許事務所

ご依頼のあった企業様に対して、担当弁理士・相談対応日時をメールで
ご連絡させていただきます。

また、企業様から送信したいファイルがある場合、弊所から連絡したメールに送信してください。

企業様

担当弁理士・相談対応日時をご認識ください。

企業様

ご相談の日時になりましたら、担当弁理士のSkypeボタンのクリック、又は、WebRTCボタンのクリックをしてください。自動的に発信され、担当弁理士が現れ、ネット特許相談が開始されます。

ネット特許事務所

ネット特許相談の終了後、ネット特許事務所より、
請求書をメールで送付させていただきます。

HomeThink & WorksService & Fee